【デザイナーのポートフォリオ】みんなはどうしてる?

Portfolio

フリーランスとして起業したWEBデザイナーが困ることのひとつに、ポートフォリオを公開できないことがあります。NDA(秘密保持契約・機密保持契約)を結んでいなかったとしても、基本的に下請けとして制作したものは許可なく公開できません。
新規案件を受注するにはポートフォリオが必要ですし、どうすればいいでしょうか。

デザイナーのポートフォリオみんなはどうしてる?

時々、「非公開案件の実績についてはお問い合わせください」としているWEBサイトを見かけますが、どのようにしているんでしょうね?
他にも、WEBポートフォリオを作ってベーシック認証をかけているケースも見かけますが、そうだとしても無断でクライアントの名前を出してポートフォリオ閲覧してもらうことは、できないと思います。
もし許可無く掲載しているのを、依頼しようとしていたクライアントが知ったら、権利を軽視していると悪い印象を与えることになるかもしれません。

フリーランスWEBデザイナーがクライアントの許可をとるのは難しい

もちろん、クライアントの許可をとれば一番いいと思いますが、下請け・孫請けのフリーランスWEBデザイナーの場合は難しいでしょう。
広告会社が外注デザイナーの実績公開のためにクライアントに許可を取るわけないし、そもそも外注を使っていることをいちいち報告しませんからね。。。

【フリーランスWEBデザイナー】ポートフォリオの作り方

筆者はWEB制作会社に所属したことが無く、グラフィックのプロダクションを退社してからフリーランスでWEBデザイナーになったので、体験からお勧めしたい方法があります。

フリーランスとして起業して間もないうちは、お友だち価格で・・・みたいな案件、結構ありますよね。友達が美容院や飲食店を開業したからとホームページを頼まれて「簡単でよければ5万でいいよ〜」なんて、受けてませんか?
そんな時は、「普通なら20万くらいのサイトを5万で作らせて。そのかわり自分の自由に作らせてくれる?」みたいに頼んでみましょう。

ポートフォリオに掲載する実績を作るつもりで、ちょっと難しいかなと思えるくらいのレベルに挑戦して、実践練習の形で頑張ってみるのです。CSSで良いのでアニメーションやエフェクトなども利用し、見栄えのよいサイトを作ります。

そうしているうちに、知人の友達が経営している会社のホームページ作って・・・みたいな感じで、だんだんと案件の話が増えてきます。
10件くらいまではそんな感じでがっつり作っていくと、自分のスキルも上がっていきますし、許可を取れば堂々とポートフォリオに掲載することもできるわけです。いろいろな業種のサイトができれば、立派なポートフォリオになりますよね。

やはり実績を多く出せると、しっかり評価を受けることができるというのが実感です。筆者も実績を掲載したマッチングサイトで依頼していただいた企業様とは、もう10年ものおつきあいをさせていただき、継続的に案件をいただいていますよ!

ポートフォリオサイトを作ろう

サーバを借りて、自分のポートフォリオサイトを作りましょう。できればWordPressを使ってポートフォリオ用のテーマを入れましょう。
ほとんどのレンタルサーバで、WordPressの簡単インストールができます。それぞれのサーバWEBサイトのガイドを見れば使えるので、WordPressさわったことないという人も、勉強がてら使ってみることをお勧めします。WordPressのスキルは今後絶対に必要なので。

簡単インストールができるレンタルサーバ

みなさんは仕事でレンタルサーバを使っていると思うので、すでに利用していると思いますが、代表的なサーバはどれもWordPressの簡単インストールができます。

自分のポートフォリオなので、おかしくなってもやり直せば大丈夫!仕事ではいろいろなサーバを使う場面がでてきますが、それぞれに特徴もあるので使ったことのないサーバを使って見るのもいいかもしれません。これらのサーバは本当に安価で高機能ですからね。

筆者もさくらサーバをメインで使っています。最近コントロールパネルのインターフェースが刷新され、使いやすくなったと思います。

さくらのレンタルサーバ  

エックスサーバは信頼度高いので、公共案件の場合はエックスサーバーを指定される場合があります。自動でバックアップをとってくれるし、他社サービスより少し高めですが慣れておくといいと思います。

エックスサーバー  

筆者も利用したことありますが、サポートがとても丁寧でした!

ロリポップ!  

ドメインをお名前で取得するお客様が多いので、サーバもお名前のケースも多いです。

お名前.comレンタルサーバー  

まとめ:【WEBデザイナーの仕事の増やし方】いづれポートフォリオ不要に!

クラウドソーシングや、ある程度の中小企業案件をこなしていき、そのうち数社の制作会社からの依頼を受けるようになれば、コンスタントにスポット案件の依頼がくるようになり、保守も任せてもらえるようになります。

そうなれば、だんだんポートフォリオが要らなくなっていきますよ。筆者も独立した頃はポートフォリオを用意していましたが、今は数社の制作会社からの依頼があるので、個人でポートフォリオを使って営業することはなくなりました。

フリーランスの場合、自分のできる範囲だけの仕事を受けていても、なかなかスキルアップができません。
かといって、できない仕事を受けることも無理なわけで・・・
ここで紹介したポートフォリオのための実践訓練、いい方法だと思いませんか?ぜひやってみてください!